より良い車買取のために情報を集めよう

何回でも情報収集に励もう

もし愛車をよりよい形の買取で手放そうとしたり、次の新しい自動車の購入をより確実なものにしたいのならば、何回でも販売店に足を運ぶことです。「インターネットや情報誌などが主体なのに、いまどきなんてアナログな…」と思われる方もいるでしょう。しかし、実際にその自動車に乗って自分好みの愛車にコーディネートしていくのは自分以外いないのですから、どういう目で見られようと販売店にこまめに足を運び情報を集めようとする行動は決して間違いではありません。何回も足を運ぶうちに、販売店側も「この客は選ぶ車種を悩んでいるんだな」くらいのことは察していくはずです。

しかし愛車を手放す売買先や新車購入を考えている販売店をたまたま興味本位で覗いてみた1店舗のみで即決してしまうと、もし後から中古販売店などで即決で購入した新車の値段よりもっとお買得の値段で売っていたとすれば、その落ち込みようは半端なものではないでしょう。たとえば自分のこだわりの服を最初の新品の1店舗だけでなくより安く買おうと足を棒にしてでも歩き回るような努力も、よりよい愛車の売買に通じるポイントなのです。

いろいろな売買先や販売店を歩き回っているうちに、自然と自動車のどこを見ればいいかというモノを見る目が養われてくるし、売買先や販売店側の売ろうとする視点や買取の時にどこを見ているかという視点も少しずつ把握できてくるようになってきます。

よりよい愛車の売買に出逢うためにも、まずは足を使うことです。